チャプレンメッセージ

2019年3月2019年03月01日掲載

確か2004年から執筆が始まりましたこの「チャプレンコーナー」ですが、今回を持ちまして筆を置くことになります。毎回拙い文を長らく御覧いただきました方がたに心から御礼と感謝をお伝え致します。加えまして、時代の流れでしょうか、海外在住の方がたの目にも触れていたことには驚きでした。
2002年4月1日、当時は三光教会牧師との兼務でしたが、チャプレンとして赴任しました。チャプレンは単なる礼拝係ではありません。もちろん、礼拝は要ですし、祈りに始まり祈りに終わる毎日の生活の積み重ねは大きなものになります。多くの卒業生から「大学に行ったら礼拝がなくて何か淋しい」という声を聞きます。驚きとともに、嬉しくもありました。毎朝千人を超える教職員、生徒が集まります。心の内に秘め、抱えているものは全く同じではありません。けれども、新たな日を、命を与えられたことへの感謝、そのことは共通しています。加えて、他者を覚え、さらには先立たれた方を憶えて祈る、そこでは心ひとつになります。また、祈りとは決して綺麗ごとの羅列ではなく、神という大きな命の働きの中で自らと向き合い、自らを問う闘いでもあることを思わされてもきました。
他校のチャプレンとして長らく奉仕してこられた大先輩の聖職から言われたことがあります。「チャプレンはとにかくそこに居ろ。そして、歩き回っていろ」と。当初は「それだけでいいの?」と思ったものでした。しかし、海外で聖職叙任の礼拝に出た時のことを思い浮かべました。叙任される一人一人の名前が呼ばれますと「I am present」と応えます。「(他の誰でもない)私がいます!」という意味になりましょう。「借り物でもなく、偶然の産物でもない、同時に弱さやほころびを持ち合わせながらも、掛け替えのない、尊い命を授けられた私がいます」、実に信仰的な応答であると感じさせられたものでした。その尊い命を授けられている、年齢の上では二十歳にも満たない生徒たちですが、同時にそれは私にとって命の通っている生きた教科書でもありました。時に笑い、時に泣き、怒ったり不貞腐れたり、あるいは微笑む姿は、数々の生きているメッセージそのものであり、宝といっても過言ではありませんでした。
いま一つ一つの思い出を書き出すなら、おそらく何冊もの小説ができるでしょうが、紙面の関係もあるのでそうはいきません。けれども、大小さまざまな出来事や事柄は、命はいつでもつながりの中で生かされ、豊かに育まれていくことを気付かされ、教えらえるものでありました。さらにキリスト教信仰から言いますなら、その命のつながりは死をもってしても決して途切れも薄れもしないという、甦りの信仰へと通じていくものでもあります。
ここまで書き連ねてきて、誤字がないか読み返してみますと、ところどころ過去形になっていることに気付かされます。敢えて書き換えはしませんが、私たちに授かっているキリスト教信仰に於いては、過去のものを過去にしない、いつでも今に、そしてこれからにつながっていく、今を、これからを創り出していくことを大切にします。だからこそ「お仕舞い」「終焉」「お別れ」というものを根本的に否定してきました。改めてキリスト教の信仰、霊性の素晴らしさ、深さを思い知らされる気がします。
最後に私の心からのメッセージを代弁している歌詞(1980年「さよならの向こう側」)を記して筆を置きます。
「Thank you for your kindness, thank you for your tenderness, thank you for your smile, thank you for your love, Thank you for your everything さよならのかわりに」
ありがとうございました。どうぞ、皆さまお健やかに!

2019年2月2019年02月01日掲載

あっという間に2019年もひと月が過ぎました。日々の慌ただしさを痛感しますが、更なる未来に向かって始まっていることも忘れずにいたいものです。同時に、未来は明日からではなく、いつでも今日から、今から始まります。
ただし、気を付けておきたいことは、速度を上げるばかりが人の生き方ではないはずです。しばしば耳にします「早い者勝ち」「いいとこ取り勝ち」という言葉は耳に心地よくありません。慌ただしい時代だけに、むしろ、ゆっくり、丁寧であることを大切にしたいものです。例え上手くいかないことがあっても、それは回り道でこそあれ、行き止まりではないはずです。
確かに、私たちは物事が上手くいかない時、辛い思いをし、落ち込みもします。かつて、「凧や飛行機が一番高く上がるのは追い風ではなく、風に向かっている時である」という言葉を聞いたことがありますが、深い示唆を与えてくれます。そして、そのようなことを繰り返しながら、私たちはいろいろな経験を積んでいきますが、経験とは自分に起こった出来事のみならずに、起こった事に対して自分がしたこと、とった態度のことでもあるように思えます。そして、経験とはいつでも自分の好みに合うこと、気に入ることばかりではありませんが、自分を創る力を秘めているはずです。
しかし、人は自分だけでは生きていかれません。むしろ、「自分だけ」「自分さえ」という思いは最大級の傲慢にもなり得ましょう。反対に謙虚とは、人との繋がりの中で生かされていることへの気付きと感謝の中から生み出されもしましょう。しかし、その一方で、気が重く、うつむき加減になり、足が重くなることもしばしばです。そのような時、私たちは自分しか見えなくなりがちにもなります。焦りもしますが、焦りは却ってミスを招き、いつまでもクヨクヨしていると、更なるクヨクヨを作ることにもなります。「クヨクヨと下ばかり向いていると、せっかくの青空を、虹を見逃すよ!」という言葉が思い浮かんできます。
そして、落ち込んでいる時、辛い時、自分の無力さを感じた時、他人と比べがちにもなりますが、それは仕方ないことでしょう。但し、あの人の方が上とか下とか考えて、幸せを比較で決めるのは如何なものでしょう。むしろ、幸せに包まれていることを見失ったり、見逃したりしているだけかも知れません。
自分にもっと、もっと優しくなれると、幸せが近づいてくるようです。「もう終わりかな」と思った時が、実は本当の始まりということもあるでしょう。昨日転んだら、今日立ち上がればいいでしょう。ひょっとしたら、今日という日はそのために与えられているのかも知れません。きっと自分が誰かに支えられ、包まれていることに気付かされもすることでしょう。
イエス様の弟子の筆頭格であり、初代教皇であるペテロは裏切りというトンでもない失敗をしましたが、イエス様は、その失敗を謙虚さに生まれ変えさせられました。もう一人の偉大な使徒パウロは自らの小ささに向き合い受け容れられた時、「人は弱い時にこそ強い」と確信しました。自分の過去を受け容れ、あの過去があるから今の自分があると感謝できた瞬間に、人は過去から真に自由になれることを弟子たちは伝えてくれているように思えます。そして、弟子たちは愛すること、即ち見つめ合うことに止まらず、同じ方向を見つめつつ共に歩むことに喜びと力を見出しました。紆余曲折の繰り返しともいえる弟子たちの生涯の中には、イエス様の愛がさらに豊かに注がれ続けました。自らの足で立ち、生きていかれるようにされました、もちろん人との繋がり、命の繋がりの中で!

2019年1月2019年01月01日掲載

古く三世紀に遡りますが、ギリシャ南部にありますパードレという町の裕福な家庭に生まれ育ち、後にトルコのミラの司教になったニコラスという人がいました。後に、「子どもの守護聖人」と言われるようにもなります。「ニコラス」という名前から想像できますように、サンタクロースの原型、モデルと言われている実在の人物です。そのニコラウスがまだ司教になる前、近くに三人娘のいる家族が住んでいましたが、同時にたいへん貧しい家族でもありました。長女は結婚したいと思いつつも、お金に事欠く状況でした。それに加え、貧しさゆえに彼女は身を売られそうになりました。そのことを知ったニコラスは、ある夜、隣の家の煙突から金貨を投げ入れます。その金貨は、暖炉のそばに干してあった靴下の中に入り、そのお金で娘は救われ、結婚することができたとのことです。ニコラスは、同じことを下の2人の娘のときも繰り返し、その家庭を救いました。娘たちの両親は、夜中じゅうずっと待っていた結果、ついにニコラスを見つけ、それが隣人の若者であったと知り、驚きつつも深く感謝したのでした。しかし、ニコラスはこのことを誰にも言わないようにと言い、立ち去ります。
子どもの頃、サンタクロースが待ち遠しいものでしたが、「でも、家には煙突がないのに?」と不思議に思う以上に、「何で欲しいものが分かるのだろう?」と謎でした。あれから数十年、さすがに今は、赤い服を着、白い髭を生やし、橇に乗って来るサンタクロースがいるとは思いませんが、しかし、誰もがサンタクロースになることは出来ると信じています。そう確信する切っ掛けの一つが、タイで作られましたコマーシャルでした。タイは世界有数の仏教国で、徳を積むこと、見返りを求めないことを大切にするという素晴らしい教えがあります。そのコマーシャルは、ある店で薬と栄養ドリンクを万引きした少年が、女性店主から問い詰められている場面から始まります。すると、病気の母にあげたいためということが判明します。やりとりを見ていた向かいの食堂の主人は、少年が盗んだ商品の代金を支払い、野菜スープを持たせて少年を母の元へ送り返します。
時は過ぎ、三十年後、その店主が突然倒れ、意識が戻らない程の大怪我をし、入院生活を余儀なくされます。更に運の悪いことには、莫大な費用がかかり、娘は店を売り払う決意をします。ところが、ある日、父の看病に疲れ、ベッドサイドに寝ていた娘の元に置かれていた請求書には費用総額が「0」となっており、「すべての費用は30年前に支払い済み。鎮痛剤3包、野菜スープ3パックとして」との添え書きがしてありました。その担当医は、あの時盗みを働いた少年でした。そして、最後に「Giving is the best Communication」という字幕が流れてコマーシャルは終わります。
直訳しますと「与えることは、最良のコミュニケーションである」ですが、私訳をしたいと思います。「与えること、与え合うことは最も素晴らしい、最も美しいコミュニケーション、即ち命の繋がり、命の支え合いである」と。手を握ってあげるだけでも、背中をさすってあげるだけでも、話を一生懸命に聴いてあげるだけでも、心が伴えば伝わるはずです。そして、誰もが本当のサンタクロースになることができるのではと。

ページトップへ