教科教育

聖書いのちをともに考え、本当に大切なことを、イエス・キリストの生き方を通して学びます

中等科1年生から高等科3年生までの6年間、週1時間聖書の授業があります。ほとんどの生徒は入学して初めて聖書やキリス卜教に触れます。それらのメッセージが今生きている私たちにとってかけ離れたものではなく、生活の中で結びついているものであることを学んでいきます。自分だけで読み進めることが難しい聖書の箇所も、様々な事例や身近な出来事と照らし合わせることで、考えを深めていくことができます。現代社会において自分はいかに生きるか、ということを考えていくことで、私たちを取り巻くさまざまな問題に対してどのように向き合い、何を大切にして生きていくのか、ということを、イエス・キリストの生き方やメッセージを通して学んでいきます。

  • 聖書1

英語科違いを超えて、世界で通じる英語力を育てます

相手のことを正確に理解し、自分のことが相手にきちんと伝わる表現力を身につけるため、「聞く」・「話す」・「読む」・「書く」それぞれの力を総合的に育みます。
中等科では英語の授業を週6時間行っています。ホームルーム単位のフルサイズの授業とクラスを半分に分けたハーフサイズの少人数授業を、週3時間ずつ展開しています。
フルサイズの授業では、New Crown(教科書)を使用し、音読トレーニングを徹底するとともに、問題演習を十分に行います。単語や文法の小テストも織り込み、英語の基礎力を確実に身につけていきます。
週3時間のハーフサイズの授業は、外国人教師による英会話の授業、多読多聴、英語での自由作文をそれぞれ週1時間展開しています。外国人教師による英会話の授業では、phonicsの指導やポスター作成等さまざまな英語での表現活動を行っています。また、多読多聴、海外のreading教材や英語での自由作文に取り組むことで、多くの英語に触れることができ、自然な英語表現が身につくようカリキュラムが構成されています。
放課後の学習会やSE学習の英語基礎クラス等、既習事項の反復学習の場も様々な形で設けられています。中等科2年生以上はGTEC for STUDENTS を校内で受検し、英語力の伸長を実感していくことができます。高等科では新聞記事等も取り上げながら、より高度な内容に対応する英語力の育成を図ります。

  • 英語科1
  • 英語科2
  • 英語科3
  • 英語科4
  • 英語科5
  • 英語科6

国語自己を見つめ、他者への共感を育み、表現力を磨きます

香蘭女学校では国語という教科は、かつて「文学」という教科名で呼ばれていました。その当時から、自己を見つめ、他者への共感を育んできました。善き人間として生きることは、良き日本語生活をしていることにも繋がります。中等科では教科書は週1〜2時間にとどめ、ことばや漢字、表現、古典暗唱など独自教材の授業を進めます。また、全員が国語・漢和・古語辞典を持ち、言語への関心を深め、自己の考えや感覚を自分のことばで表現することをめざします。中等科3年生からは本格的に古典文法に取り組みます。
高等科2年生までは全員が必修で現代文と古典(古文・漢文)を学びます。また、高等科2・3年生では選択科目の中で国語表現の授業が始まります。そして、高等科3年生の文系の生徒は現代文と古典(古文・漢文)が必修です。理系で受験に必要な生徒は国語総合(現代文・古文・漢文)の授業を選択することができます。
本校の国語教育は読解、表現、言語知識などすべての領域において、他者とともにあることを実感し、実践できる取り組みを進めています。これは建学の精神にも繋がるものです。この精神を尊重する取り組みの一つに校内コンク一ルであるヒルダ賞作文が位置づけられます。夏休みの期間を活用し、推敲を重ねた文章からは毎年すばらしい作品が生まれます。

  • 国語1
  • 国語2

数学思考力、問題解決カ、表現カを養います

数学を学ぶことを通して、道筋を立てて物事を考える力、様々な角度から問題解決のためのアイディアを出す力、自分の考えや目の前の事象をわかりやすく説明する力を培っていきます。
中等科では、代数分野と幾何分野に分けて授業を行います。代数では、計算力・基礎力を、幾何では数学的な論理力を身につけていきます。小テストや課題提出を頻繁に行い、理解度や書き方を丁寧に確認します。放課後の学習会やSE学習の数学基礎クラスなど様々な場面を設けて定着を図ります。高等科では、2年生から授業を文系・理系に分け、発展的な問題に取り組み、補習も取り入れながら、一人ひとりが目指す進路に必要な力を身につけていきます。

  • 数学1

社会資料を読み解き、世界を視野に入れて考える姿勢を養います

自分が暮らす世界はどのような場所なのか。その中で自分は社会とどのような関わりをもっていくことができるのか。自分の身のまわりだけではなく、さまざまな国の歴史、自然環境を多角的にとらえることが自己の世界を知り、異文化を理解することに繋がっていきます。社会科では、これからの国際社会の中で必要とされる基本的な力を身につけることをめざしています。
授業の中では、講義形式だけではなく、グループワークを通して、持っている知識の整理、資料を読み解き想像する力、情報を整理して発信する力を養います。主体的な取り組みから生徒自身の興味関心を広げ、自分と社会との関わりに具体的なイメージをもって進路を考えることができる土台作りをサポートしていきます。

  • 社会1
  • 社会2

理科実験実習を多く取り入れ、検証し考える力を育みます

中等科では、実験や実習の時間を多く設け、成功や失敗の経験をたくさん味わえるよう心がけています。「実験・観察」→「まとめ・検証」を繰り返しながら、論埋的思考力を養います。 また、学んだ事柄が確実なものになるように、実験の振り返りに力を注いでいます。観察したことやわかったことをまとめることで、断片的な知識がつながり、深く物事を考える手法が身につきます。地層の観察会、科学館や博物館への理科見学、また生物連盟の研究発表会への参加など、校外に出かける機会が数多くあります。高等科では、授業は物理・化学・生物の分野別になり、理学・工学・農学・看護・薬学などさまざまな進路に対応できる力を養います。

  • 理科1
  • 理科2

保健体育豊かな生活を自ら創る力を養います

豊かな人生を過ごすためには、健康が欠かせません。そのために必要な知識と実践力・体力を保健体育の授業で養います。また、健康で安全な生活を送るために、自ら考え、選択し、行動する力が重要です。さらに社会に目を向け、女性の生き方の課題について考えます。
保健の授業では、ニュースなどで話題になっている事柄をとりあげ、自分と重ね合わせながら理解を深めます。
体育の授業では、中等科3年生から創作ダンスを始めます。基本的なステップから始まり、集団で表現することをめざしていきます。高等科2年生では、1年間かけて各クラスで話し合いを重ねて作品を創り上げます。そして、高等科3年生の運動会で学年ダンスとして発表することは、創造力や表現力を発揮する機会となっています。

  • 保健体育1
  • 保健体育2

音楽音楽を愛する心と音楽文化を大切にする姿勢を育みます

本校では、音楽の授業が中等科1年生から高等科3年生まで必修です。お互いの声に耳を澄ませ、ハーモニーを奏でる中で、感性を高め合いながら一つの音楽を創り上げます。6年間の音楽の授業を通して、音楽を愛する心と音楽文化を大切にする姿勢を育みます。
日々の授業で学んでいる合唱曲は、さまざまな式典や行事の中で歌われます。入学感謝礼拝では、中等科生全員でメンデルスゾーン「讃歌」を奉唱します。創立記念感謝礼拝では、東京都交響楽団とともに演奏します。クリスマス礼拝では各学年の「クリスマスキャロル」を奉唱します。中等科1・2年生合同合唱会では各クラスで選曲した合唱曲を発表します。高等科卒業感謝礼拝では高等科生全員で「ハレルヤ」を奉唱します。

  • 音楽1
  • 音楽2

美術表現する喜びを通して個性を発見します

中等科1年生から3年生まで必修です。高等科2年生、3年生では選択授業が置かれています。情動的興味や関心による楽しさを創作意欲に繋げ、目的・目標を持ってイメージされたものを表現する喜びを味わい、創作技術を高めていくことをねらいとしています。そして、試行錯誤を繰り返しイメージを表現していくことで、個性の発見へと繋げていくことをめざしています。さらに、身近な自然や造形物、デザインされた様々な日用品などに目を向け、客観的にとらえなおす目を持って、美術各分野のさまざまな表現方法を体験します。
中等科ではカッターを使った鉛筆の削り方から練習し、高等科選択では油絵に触れ、演習ではより高度なデッサンと卒業制作に挑みます。

  • 美術1

家庭科自立できる知恵と技を身につけます

中等科1年生から高等科2年生まで必修です。高等科3年生には、被服・保育・食物が選択科目として置かれています。実習を大切にし、自立できる知恵と技を身につけていきます。各学年に応じた課題に取り組み、お互いの作品を鑑賞し学び合います。
中等科1年生の食生活分野では日常の献立作りやお弁当作りを行います。技術分野ではコンピューターの基礎を学びます。被服分野ではマイバッグ制作の実習を行います。

  • 家庭科1
ページトップへ